超入門!派遣ライフトップ > 103万円の壁とは

103万円の壁とは

派遣社員として働いている方も税金に無関係ではいられません。そこで世間でよく言われている『103万円の壁』についてお話させて頂きます。

103万円の壁には実は2つあります。一つは所得税の壁、もう一つは配偶者控除の壁です。

■まず所得税についてです。
所得税とはその年の年収にかかる税金のことですが、その所得全部に税金がかかる訳ではありません。まず無条件に所得から一律38万円を課税対象から差し引ける基礎控除があります。次に、所得の中でも給与所得にだけ適用され、その給与所得から65万円を課税対象から差し引ける給与所得控除があります。

つまり給料取り(サラリーマン、パート・派遣社員も含む)の方は、基礎控除+給与所得控除=103万円の控除が受けられるので、年収が103万円以下ならば所得税はかからないのです。

■次に配偶者控除についてです。
配偶者(一般的には妻)の年収が103万円以下の場合は、夫の所得から38万円を課税対象から差し引けるというものです。

つまり奥様の年収が103万円以下なら自分の所得税を払わなくて済むし、加えて夫の所得から38万円を控除できるということで、これがいわゆる103万円の壁というものです。

尚、配偶者の年収が103万円以内であれば夫の扶養に入ることが出来、前述の通り配偶者控除(扶養控除)が受けられます。よく「扶養枠内での仕事を」と言ったりしますがそれはこのことです。

ここで、ついでに配偶者特別控除についてもご説明しておきます。
配偶者の年収が103万円超〜141万円以下の場合に、夫の年収から段階的に決められた額が控除されるというものです。

ちなみに配偶者特別控除の額は以下の通りです。

配偶者の年収 配偶者特別控除の額
103万円超〜105万円未満 38万円
105万円以上110万円未満 36万円
110万円以上115万円未満 31万円
115万円以上120万円未満 26万円
120万円以上125万円未満 21万円
125万円以上130万円未満 16万円
130万円以上135万円未満 11万円
135万円以上140万円未満 6万円
140万円以上141万円未満 3万円
141万円以上 0円

このような理由で、特に既婚の奥様方の間では103万円の壁を意識して、派遣で週2〜3日とか一日4〜5時間のように細かく働く『パートタイム派遣』が多く見られます。収入が増えない今、よく考えて働くことが必要なのかもしれませんね。


【扶養枠内の仕事に強い派遣会社】
アデコ株式会社 (当サイト詳細ページ
リクナビ派遣
フジスタッフ



派遣の豆知識
年末調整と確定申告
改正労働者派遣法のポイント
職種別平均時給(リクナビ派遣)
派遣が禁止されている仕事
職務経歴書の書き方
103万円の壁とは

大手派遣会社人気ランキング
  1. リクルートスタッフィング
  2. マンパワージャパン
  3. 松下エクセルスタッフ
  4. アデコ
  5. インテリジェンス
  6. パソナ
  7. テンプスタッフ
  8. ヒューマントラスト

派遣会社&仕事探し
オススメな派遣会社一覧
派遣求人情報サイト一覧
安心の大手系列派遣会社
特定分野に特化した派遣会社
正社員・転職情報サイト一覧
アルバイト情報サイト一覧

派遣求人サイト人気ランキング
■1位 リクナビ派遣
→ リクルート運営の派遣No.1サイト
■2位 はたらこねっと
→ 日本最大級の派遣求人サイト
*
■3位 パソナテック
→ IT分野の優良求人が満載!

キャリア・年収査定
リクルートエージェントのキャリア査定
→ 転職支援で超有名なこの企業があなたのキャリアの市場価値がいくらなのかを無料で査定してくれます!
*
パソナキャリアの適正年収査定
→ 登録申し込みをした後、キャリアアドバイザーと面談して適正年収や転職について色々聞くことができます。もちろん全て無料!
*
@typeの市場価値診断テスト
→ 過去10万人もの人が受けたかなり有名なテスト。適性年収やビジネス能力偏差値などあらゆる角度から無料で分析してくれます。所要時間は約10分。
*